お風呂は癒しの時間です。

疲れが溜まって、何となく顔色が冴えない時やカサついているなあと感じる時、ゆっくりと湯船につかって疲れをとっています。

昨日の夜は、久しぶりにゆっくりとお風呂時間を楽しみました。

まずは入浴剤選び。とにかく疲れていたので癒し効果があるという、ラベンダーの香りの入浴剤を入れます。この入浴剤、自分で手作りしたもの。

ラベンダーのエッセンシャルオイルと、重曹、ほんの少しのグリセリン(保湿成分)を混ぜて作りました。

人工的ではない、自然なラベンダーの香りに癒されます。湯船につかってスーっと、深く腹式呼吸をすると体全体に香りが染み渡る感じ。

重曹を入れると、お湯がまろやかになって、保湿効果もあるようで湯上りの肌はツルツルしています。

お風呂からあがると、顔の肌も血色のよいピンク色。くすみが一層されています。

どんなに忙しい時でも、きちんとお湯をはって、湯船につかる。これだけのことで、お肌の疲れもとれ、睡眠も深くなりいいことだらけだなと感じた夜でした。